不動産の売却をサポートする業者として、相場を知っていないと話になりませんね。

とんでもなく相場からずれた査定を行ったら、誠実な会社ではありません。

ですが、地域ごとの相場を全て知っている状態にするには、私にはキャパシティが足りません。(笑)

そこで、 今回は相場についての基本的な考え方を学びます。

簡単に調べる方法としては、その近隣の売りに出されている物件価格から算出する方法です。
 
ただ、この場合、売りに出されている価格=売れる価格ではないことがほとんどの様です。

築年数が浅ければ浅いほど、価格のズレは無いよう ですが、古い物件になってくると、価格の差が出てしまう事があるようなので注意が必要です。

その他の方法としては、業者が見れるレインズというサイトで過去の売買事例を見る方法です。

 これが、やはり決め手になる様です。

例えば、割と、近い過去に売買が成立された場合、どうしても買い主も、それを仲介する業者もその価格を基本として考えるケースが増えます。

地域の相場動向を過去の事例から算出し、今上がっているのか、下がっているのか。そして、今売りに出す場合の大体の相場はいくらなのか。
 
不動産業に長く携わっていれば、ぱっとでてくるみたいなので、その次元に早くいきたいものです。(笑)